スタッフコラム「声を上げていきませんか」

今日、地元豊橋の議員の方とお会いして感じたことは、 「やっぱり、どんなことでも伝えていかなくては」 という点です。

 私は向精神薬を10年間服用し続け、それは「薬は安全」という認識のもとで飲んでいました。

10年後、その認識は逆転しました。 全く知らない、聞いたこともない情報が耳に入ってきて、それから向精神薬や精神医療、医学について調べ、「もう向精神薬は飲むのはやめよう」と今まで1つだった道でしたが、2つの道ができてその1つを選択しました。 

今後、ワクチン接種に関しても同じことが起きると思います。もう接種は始まっていますし、いつ強制になるかは誰にもわかりません。

それは直ぐなのかもしれませんし、まだ先のことかもしれません。

今しか情報収集と自分がどの立場を取るのかという選択はできないと思いました。 SNSでは情報拡散には限界がありますし、一番の情報拡散は人に会っていくことなのかなと。

 向精神薬は安全だと思っていました。 ワクチンも安全だと思っていました。

 情報を収集すればするだけ 今は安全だとは思えない。 これからは街宣も視野に入れていく予定です。 

あなたの街にも議員の方はいますし、私たち市民の相談窓口です。

窓口はいつもオープンですし、いつでも相談を聞いてくださると思いますので、声をあげていきませんか。

中村文江